不動産業者探しも重要|系統を知れば怖くない!ランキングなどでマンション管理会社探し

系統を知れば怖くない!ランキングなどでマンション管理会社探し

つみき

不動産業者探しも重要

住宅模型

新築と中古一棟の比較

空室リスクが分散できたり、リフォームなども自由にできる一棟マンション投資は魅力的な投資物件ですが、購入する場合は新築と中古のマンションのどちらかを決めることになります。新築と中古はそれぞれメリットとデメリットがあるので、それらを知った上でマンション選びのテクニックとするのが理想です。まず新築の一棟マンション投資の場合は、建物の価値も高いため購入後にある程度の運用を行った後に、売却益を得られる可能性が想定できます。その間に得られるインカムゲインを考えると、投資としてプラスに持っていくことも十分可能です。しかし購入価格が高く、最初は入居者数が予測しにくいといったデメリットもあります。一方、中古の一棟マンション投資の場合は、新築よりも低額から投資ができ、利回りが高いことが多いのがメリットです。デメリットとしては資産価値の下落と、住民層の悪化に悩まされる可能性がある点です。

目的に合った物件の探し方

不動産投資であるため、一棟マンション投資を始めるにはまずどういった物件があるのか知ることから始めます。その中で自分の用意できる資金や立地などの条件に見合ったマンションを見つけるためには、不動産業者選びの工夫が重要となります。投資用のマンションは不動産業者ごとに取り扱う物件が異なることが珍しくありません。それぞれの不動産業者ごとに得意分野があり、5,000万円程度から購入できるバリュー感のあるマンションを中心にしているところもあれば、高価格帯のマンションを中心に扱う業者も存在します。また地元密着の不動産業者の場合、非公開扱いの一棟マンション投資物件を紹介してくれることもあります。このように不動産業者ごとに特色があるので、足を使って業者を回り、自分の欲しい物件を多く扱う所を見つけることを勧めます。